フラミンGO

その時々で興味のあることや気になったことを徒然なるままに書き綴るブログ

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー 何度も心折られるノベルゲーム あとクロ可愛い

人が見えなくなった少年と透明人間となった少女が織りなすボーイミーツガールなノベルゲーム「最悪なる災厄人間に捧ぐ」のレビューや感想です。

希望が見えても、何度も心折られる物語でした。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

スポンサーリンク

 

 

幾度の困難を乗り越え、何度も心折られるノベルゲーム

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

クロが健気

人などの生き物が見えず、透明人間しか見えなくなった少年・豹馬は、透明人間となってしまった少女・クロと出会います。
二人の出会いから残酷な運命と対峙するボーイミーツガールストーリーとなっています。

シナリオ・キャラクターデザインはR氏、そして監修は個人的に大好きな「レイジングループ」や「D.M.L.C. -デスマッチラブコメ-」などを手掛けたamphibian氏なので期待してプレイしました。
レイジングループはホントにおすすめな作品です。

「レイジングループ」や「D.M.L.C. -デスマッチラブコメ-」のレビューは以下からどうぞ。

システム

システムはオーソドックスなノベルゲームです。

「レイジングループ」や「D.M.L.C. -デスマッチラブコメ-」のような、システム的な遊びもなく、基本一本道で(バッドエンドは複数あるが)進んでいきます。

魅力的なクロがたくさん登場!?

今作のヒロインはクロ1人だけです。
でもクロがたくさんでてきます。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

ソフトクリームの味で5つの並行世界ができる

ソフトクリームの何味をクロにあげるかの選択で並行世界が生まれます。
同じ世界のクロに加え、並行世界のクロが4人やって来て、計5人のクロが同じ空間にいるシュールな画になります。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

5人のクロが勢ぞろい

最初は、ソフトクリームの好み以外は同じ個性ですが、時経つうちにだんだん性格も違っていき5人のクロが楽しめます。

スポンサーリンク

 

 

何度も心折られる物語

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

誰も見えなくなった主人公がクロと出会う

豹馬はあることをきっかけに人や動物が見えず、声も聞こえなくなります。(相手からは視認できる)
同じくクロという少女は人や動物が見えますが、相手からは見えず透明になってしまいます。
ただし、2人はお互いを認識できます。

なぜこのような現象が起こったのか?という問題を抱えながらも、小学生という無力な2人にはどうすることもできず、お互いが支えあう共依存の関係が始まります。

過去のしがらみに立ち向かう前半

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

健気に守ろうとしてくれるクロ

小学生の豹馬とクロが出会い、お互いを心から信頼するまでを丁寧に描いていました。

普通の生活を送るため、人が見えない豹馬が学校に行き、クラスメイトたちの会話をクロが再現するなどお互いが協力し合う事で乗り越えていきます。
まだ6才のクロが、豹馬が人とぶつからないように腕を広げて先導してくれたりと本当に健気です。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

クラスメイト複数人をそれぞれ演じてくれる

イジメ、自殺、ネグレクトなどかなり重いテーマもあり心折られる展開が何度も訪れます。
クロという名前は動物に付けるような名前です……。
名前の意味やクロの境遇が分かった時、主人公同様の気持ちになりました。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

「自由になった」意味を知るとゾッとする

SF(少し不思議)や神隠しといったオカルト要素がごちゃまぜに物語が複雑に絡まっていきます。

クロが5人!?

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

突然増えたクロ

ある日、突然クロがいきなり5人になります。
パラレルワールドのクロが集結し、それぞれの世界の豹馬をサポートしていきます。
クロたちは、自分の世界では会話できますが、ほかのパラレルワールドのクロの声は聞こえません。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

成長すると性格がみんな違う

5人のクロは最初はしゃべり方も動きも同じですが、それぞれの世界のちょっとした変化で変わっていきます。
のんびり屋、まじめ、気まぐれ、色々なクロに育っていきます。
6才から16才と成長も感じられ、演じてる声優(小鳥遊ゆめさん)の力量がすごいと感じました。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

クロ可愛い×5人

ゲームをクリアする時にはクロ可愛いよ!になってるはずです。

世界の理不尽に立ち向かう中盤以降

2人が信頼しあった瞬間に突如、超展開が発生します。
ここからタイトルにある”最悪で災厄”な物語が始まります。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

中盤からの急展開

最終的に13才から18才を何度も繰り返すループから抜け出す物語となります。
クロと豹馬の世界が5つありますが、ここから5つの世界すべて使って世界の真相や謎が解明されます。

謎の解明に加え、信頼しあった2人のさらに先の展開が丁寧に5人分描かれていたのも良かったです。

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

共依存の関係にも切り込んでいく

1つ付け加えるなら、このゲームは少年と少女の物語ですが、恋愛ものではないです。

スポンサーリンク

 

 

全てがきれいに繋がる物語

最後までプレイし、その後のおまけストーリー(ここで舞台裏が明かされるのでプレイ必須)をクリアすると、全てがきれいに繋がります。

何度も心折られた先に2人に待ち受けているものはハッピーエンドかどうか、是非確かめてほしいです。

プレイしてイマイチだった点

プレイしてイマイチだった点は以下の3つになります。

  • 設定が複雑
  • 前半が長い
  • ひたすら暗いストーリー
設定が複雑
「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー
「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー
説明があるものの設定は複雑

登場人物たちがボードに図を書いて説明してくれますが、設定が複雑に感じました。
ストーリーを進めるためにある設定のようにも感じました。

前半が長い

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

長いけどクロとの絆を丁寧に描いている

豹馬とクロがお互いを信頼するまでを描く前半がかなり長かったです。
後半に感情移入するため必要な描写とはいえ、もう少しコンパクトにできなかったかなと思いました。

私は前半のプレイがゆっくりで数か月放置してしまったこともありました。
ただ後半の怒涛の展開は、先が気になり一週間程で一気にプレイしました。

ひたすら暗いストーリー

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

何度も絶望し、何度も立ち上がる物語

豹馬とクロに次々と悲惨な出来事がやって来て、乗り越えたらまたやって来ます。
合間にギャグなどのユーモア要素もほとんどなく、暗いストーリーが続きます。(クロは可愛い)

主人公はクロを救うために何度も問題に立ち向かいます。
極論を言えば、クロがかわいいと思えるかどうかで、読み進められるかどうかが決まると思います。

クロが可愛いと思えるかどうか

「最悪なる災厄人間に捧ぐ」レビュー

可愛い!クロは可愛い!とにかく可愛い!

ひたすた長く心折られるストーリーが続くので、クロが可愛いと思えなければ続けられないと思います。
でも、きれいに伏線を回収していく後半は一気にプレイしてしまいました。

プレイ後は、しんみりしつつ心に残る爽やかさがありました。
暗い物語、長いストーリーが好き、大丈夫という人にはプレイしてほしい作品です。