フラミンGO

その時々で興味のあることや気になったことを徒然なるままに書き綴るブログ

「ロストジャッジメント」のDLC「海藤正治の事件簿」クリアレビュー 魅力的なストーリーが圧縮された良ストーリー

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の追加ストーリーDLC「海藤正治の事件簿」が公開されたのでプレイした感想、レビューです。

海藤さんが主人公となり、本編よりは短いですが先が気になるストーリーが健在の「ジャッジアイズ」シリーズの魅力が圧縮されたDLCでした。

f:id:Florist87:20220330115413j:plain

「海藤正治の事件簿」レビュー

スポンサーリンク

 

 

ジャッジアイズを彷彿させる先が気になるストーリー

「ジャッジアイズ」は、主人公八神の過去や、事件の真相にたどり着いたと思ったらさらに大きな謎、闇が現れて先がどうなるのかハラハラしながら遊んだ思い出がありますが、「ロストジャッジメント」のDLC「海藤正治の事件簿」は、ロストジャッジメントよりジャッジアイズのような物語構成だと感じました。

「ロストジャッジメント」本編のレビューは以下からご覧ください。

魅力が圧縮されたストーリー

f:id:Florist87:20220330115439j:plain

怪しい探偵に脅される星野君から始まる物語冒頭

八神が出張で留守中に相棒である海藤正治が主人公となり、「亡くなった妻を探してほしい」という依頼を受けます。親しかった人が神室町で亡くなったはずの妻とそっくりな人を最近見かけたとのことです。

f:id:Florist87:20220330115537j:plain

亡くなった妻を探してほしいという不可解な依頼

物語冒頭から驚きの展開ですが、なんとその妻は海藤さんの元恋人でした。

そこから語られる海藤の過去、元恋人の貞元美希子、旧姓夏目美希子は生きているのか?生きているとしたら、なぜこのようなことになっているのか?

f:id:Florist87:20220330115759j:plain

美希子の息子の准をお供に事件解決に挑む!

美希子の息子である准と共に事件の真相に挑みます。

 

 

謎が謎を呼び、真相が明かされるとさらに謎が現れ、一気にプレイしてしまいました。

章の終わりには毎回驚きの展開やどんでん返しがあり、ジャッジメントシリーズにふさわしい物語展開でした。

f:id:Florist87:20220330120907j:plain

いないはずの美希子を探す別の集団の影が・・・

ラスボスは、トップクラスに頭がおかしく、やることを徹底的にやっていたので逆にすがすがしいくらいの悪役でした。

海藤と美希子の過去から綺麗に繋がっており、物語がそう繋がっていくのかと驚きがありました。ラスボス後の気持ちの良い余韻もあり良い物語でした。

f:id:Florist87:20220330115629j:plain
f:id:Florist87:20220330115631j:plain
美希子さんは芯が強くてかっこいいヒロインでした

美希子の女性像は芯が強くてカッコよく、作中でもたくさんの男性が魅了されていましたが、個人的にも良いキャラだったと思いました。龍が如く7のさっちゃんこと向田紗栄子に似たキャラかなと思います。

本編よりは短いけど満足度が高い

DLCということで本編より短いですが、本編のおまけとしての物語ではなく、一つの独立したストーリーとなっており、新鮮な気持ちで楽しめました。

サイドクエストなどはないので、メインストーリーを一気に駆け抜けることができました。

f:id:Florist87:20220330120053j:plain

八神はSNSでの会話のみ・・・

残念な点は、ステージが神室町だけで、横浜の異人町が無かったことです。

あと八神は出張中ということで、最後くらい姿を出てくれるかなと思いましたが、最後まで現れなかったのは残念でした。(ギャラの問題とかかな?)

スポンサーリンク

 

 

バトル

バトルは、「カチコミ」と「テッパン」の2種類あり、八神の戦闘スタイルと差別化されていました。海藤のタフネスを活かした力任せな動きがダイナミックで良かったです。

一対一では「カチコミ」で、強引に隙を作りだす「ハジキ」や、攻撃を受けても気合いで殴り返す「根性反撃」で戦います。

f:id:Florist87:20220330120159j:plain

「テッパン」で大勢をなぎ倒すのが爽快

一対多では「テッパン」であらゆる打撃に耐え仁王立ちする「テッパンガード」や、 近くにある大型バイクなどを即時に掴んで攻防に使う「即武器攻撃」で戦えました。

特に、「テッパン」で攻撃中、拾う動作をせずとも勝手に近くの物を掴み攻撃できるのが爽快でした。

バトルやストーリークリアでSP(スキルポイント)も一気に貯まるので、物語を追うだけで中盤では多彩な技を繰り出せました。

探偵要素

f:id:Florist87:20220330120251j:plain

探偵要素もしっかりしており楽しめた

今回の海藤さんは、体を張るだけでなく、ちゃんと考えます。

怪しい場所を見るだけでなく、怪しいにおいを見つけ出す「海藤ノーズ」、わずかな音を聞き逃さない「海藤イヤー」を駆使して事件のヒントや証拠を見つけ出していくのが面白かったです。

f:id:Florist87:20220330120317j:plain

嗅覚や聴覚も用い証拠をそろえる
チェイスやステルスなど

f:id:Florist87:20220330120526j:plain

絶対見つかるだろという派手な服でステルス

チェイスやステルス、尾行などジャッジメントシリーズお馴染みの探偵要素も健在でした。

チェイスでは、八神は人を避けたりジャンプで回避していたのが、海藤さんは人込みを散らしたり、突進して障害物を壊していくなど、差別化されており面白かったです。

f:id:Florist87:20220330120404j:plain

チェイスでは人を避けず散らしていく

ただあの派手な服装は尾行やステルスには向かないだろう……というシュールに見える場面もありました。

f:id:Florist87:20220330120433j:plain

ちゃんと変装して尾行するシーンも

探索要素

f:id:Florist87:20220330120614j:plain

町でネコチャンを発見する探索要素も

神室町を歩いていると、猫の鳴き声や臭いの漂うばしょがあり、「海藤イヤー」「海藤ノーズ」を駆使して探し出す要素があります。

f:id:Florist87:20220330120658j:plain

匂いを調べてアイテムゲット!(臭そう)

全部探すとなると大変そうですが、アイテムをゲットできたり新スキルを覚えられるなど、探索要素として楽しめるようになっています。

続編がやりたくなるDLC

f:id:Florist87:20220330120746j:plain

メインヒロイン東は、お茶くみバイト要因

やっぱりジャッジメントシリーズはストーリーが面白いなと感じました。

さらに続編は出るのでしょうか?個人的には八神がいてジャッジメントシリーズだなとも思ったので、彼の活躍がさらに見たいところです。

今回のDLCはクオリティーが高く満足できたので、本編をクリアした人は是非プレイしてほしいと思いました。